熱中症予防

毎日暑い日が続きますが皆さんお元気ですか。この季節に特に気を付けたい「熱中症」のお話です。

「熱中症」は予防が大切です。命に関わることがあるので、ぜひ参考にしてください。

熱中症とは・・・

高温環境の下で、体内の「水分や塩分」のバランスや調節機能が崩れることで起こる、「様々な障害」の総称です。

命に関わる重大な症状



予防が重要


であることを覚えておいてください。

熱中症の症状は・・・
  • 筋肉のけいれん
  • 立ちくらみ
  • 大量の汗
  • 倦怠感
  • 脱力
  • 頭痛
  • 吐き気
  • 嘔吐
熱中症が起こる理由

私たちの核心体温(体内の温度)は「37度」に保たれています。これは、体内で起こる代謝や酵素が働きやすい温度が「37度」であるためです。
また体は主に「タンパク質」でできているため、核心体温が42度を超えると、タンパク質の変質が始まり生命の危機に陥ります。

このような理由から高温環境の下では、「汗をかく」「手足の血管を広げる」ことで熱を放散し、体温が上がらないように調節しています。

ところが、大量に汗をかき、体内の水分や塩分が失われると、体温の調節機能が働かなくなり「熱中症」と呼ばれる様々な症状が起きます。
tc4_search_naver_jp.jpg

    熱中症になりやすい人

  • 高齢者

  • 乳幼児

  • 持病がある

  • 体調が悪い

  • 暑さに慣れていない

  • 太っている


    熱中症になりやすい時

       

  • 気温が高い

  • 湿度が高い

  • 風がない

  • 急に暑くなった

  • 熱帯夜




熱中症を防ぐには・・・

予防のポイント
  • 暑さを避ける
  • 服装の工夫
  • こまめな水分補給
  • 暑さに備え体調を整える
  • 暑さを避ける
日傘、帽子の利用や日陰など、暑さを防ぐ工夫をしましょう。 室内でも熱中症になることがあります。暑さを我慢せずに、クーラーで温度の調節をすることも必要です。

hiyake_higasa小.png帽子.jpg


  • 服装の工夫

日差しが強い日は、長袖の服装で直射日光を防ぐことも大切です。
ただし、通気性の良い物を選びましょう。

速乾性、通気性の良い素材でできている服装で「クールビズ」!



  • こまめな水分補給

「のどが渇いた!」と思った時には、かなり脱水が進んでいます。
時間を決めてこまめに水分補給しましょう。

また、たくさん汗をかいた時、スポーツをしている時は、スポーツドリンクを飲みましょう。
水だけ飲むと、余計に脱水が進むことがあるので注意が必要です。
ボトル.jpg


  • 暑さに備え体調を整える

風邪をひいている時、睡眠不足の時、疲れがたまっている時には、特に注意が必要です。
日ごろから、バランスのとれた食事、睡眠で体調を整えましょう。


123783349541116231201_coo3-k小.jpg

片瀬鍼灸院

◆住所
神奈川県藤沢市片瀬1-6-36
◆アクセス
江ノ電 柳小路駅 徒歩7分
◆営業時間
平日
10:00~21:00
土・日・祝日
10:00~18:00
定休日
不定休
片瀬鍼灸院のアクセスマップ
完全予約制 0466-21-9881 メールでのお問合せ

※施術中は電話に出られないことがあります。その際は留守番電話に予約希望の旨とお名前・電話番号を残して下さい。こちらから折り返し連絡致します。