二十四節季

健康を保つには自然に沿った過ごし方が大切です。今回は、過ごし方のヒントになる「二十四節季」という暦のお話です。

二十四節季

日本には四季があり、春夏秋冬と気候が移り変わっていきます。気候の移り変わりを暦として24に区切ったのが、「二十四節気」です。冬至、立春などは二十四節気の代表的なものとして、皆さんも良く知っていると思います。 天気予報でも、「暦の上では春ですが、まだコートは手放せませんね」などと言うのを聞いたことがあると思います。

二十四節季は、中国で生まれた暦です。24に区切っているので、約15日間で次の節季になります。さらに、日本の気候に合わせて、「土用」「節分」「彼岸」「入梅」などの雑節が加えられ、日本独自の暦ができたようです。

二十四節気や雑節は一見馴染みが無いと思いますが、実は生活の中では意外と使われているものです。四季のある日本では、知っておきたい暦です。

以前、このコーナーでは、季節に応じた生活をすることが、健康に過ごすポイントです。というお話をしましたが、「二十四節気」や「七十二候」を参考にするのもよいですね。

春夏秋冬.png

馴染のある二十四節季

立春:2月4日から2月18日   
立夏:5月6日から5月20日
立秋:8月8日から8月22日
立冬:11月8日から11月22日
(平成27年の暦)

4月の節季

清明:4月5日から4月19日

「清浄明潔」を略して「清明」
万物が芽吹き、生き生きとして清らかな春の様子を表しています。


穀雨:4月20日から5月5日
春の雨が穀物を潤すという意味です。
田畑の準備が始まる頃です。
写真 春.jpg



片瀬鍼灸院

◆住所
神奈川県藤沢市片瀬1-6-36
◆アクセス
江ノ電 柳小路駅 徒歩7分
◆営業時間
平日
10:00~21:00
土・日・祝日
10:00~18:00
定休日
不定休
片瀬鍼灸院のアクセスマップ
完全予約制 0466-21-9881 メールでのお問合せ

※施術中は電話に出られないことがあります。その際は留守番電話に予約希望の旨とお名前・電話番号を残して下さい。こちらから折り返し連絡致します。