このページの位置情報

土用には「丑湯(うしゆ)」

7月20日から8月7日は夏の土用です。土用とは立春、立夏、立秋、立冬の前18日間をさします。いずれも季節の変わり目で、体調を崩しやすい時期です。

特に夏の土用は、体力の消耗も激しく、この時期をうまく乗り切らないと、秋になってから不調になりやすいので注意が必要です。

「丑湯」

土用には「う」のつく物を食べると元気が出る・・・というのはよく耳にすると思いますが、「う」がつく「丑湯(うしゆ)」という習慣があるのはご存じですか?

「丑湯」とは、土用の丑の日に薬湯に浸かって疲れをとるという習慣のことです。

昔は桃の葉を入れたり、よもぎの葉(灸の原料です)を入れて入浴したようです。

暑い日は、ついシャワーで済ませてしまいがちですが、暑い日こそお風呂に浸って疲れをとる事をお勧めします。特に冷房が効いている場所で働く方は、夏の冷え対策には入浴をお勧めします。



入浴の効果

☑筋肉の緊張をとる

☑副交感神経の活動があがる

☑水分代謝が促進

その結果、疲労回復はもちろん、様々な症状が楽になる

☑肩こり、腰痛などが楽になる

☑寝つきが良くなる

☑むくみの改善


入浴のポイント


☑入浴前後には水分補給


☑飲酒前後の入浴は避ける


☑低くめの温度で


☑入浴剤や薬草などを利用

★心臓病、高血圧など治療中の方、高齢の方は医師に相談してください。



片瀬鍼灸院

◆住所
神奈川県藤沢市片瀬1-6-36
◆アクセス
江ノ電 柳小路駅 徒歩7分
◆営業時間
平日
10:00~21:00
土・日・祝日
10:00~18:00
定休日
不定休
片瀬鍼灸院のアクセスマップ
完全予約制 0466-21-9881 メールでのお問合せ

※施術中は電話に出られないことがあります。その際は留守番電話に予約希望の旨とお名前・電話番号を残して下さい。こちらから折り返し連絡致します。