大暑

7月23日から8月7日は「大暑(たいしょ)」です。一念のうちで最も暑いと言われる時期です。

東洋医学では、夏は「火」の性格を持つことから、この季節は体の中にも熱がこもりやすいと考えられています。

体の水分

「火」の勢いを抑制するのは「水」の働きです。成人では約60%が水分と言われています。

猛暑が続く毎日で、熱中症で搬送される人が急増していますが、熱中症を防ぐには水分補給も重要なポイントです。

一日に必要な水分の量は、成人では体重1kgあたり50mなので、50kgの人では約2.5lの水分が必要となります。そのうち、飲み水では約1.2lの水分が必要となります。

しかし、一度に飲むことはできませんし、のどが渇いたと感じた時には1%の水分が既に失われているので、注意が必要です。

水分.jpgのサムネイル画像

上手な水分補給

☑少しずつ時間を決めて飲む

☑大量に発汗した時はミネラルも補給する

☑寝る前にはコップ1杯の水を飲む

スイカ.jpg


旬の野菜や果物には、発汗で失われた水分を補給する作用や、体の熱を取る作用があります。

きゅうり、なす、おくら、ゴウヤ、スイカ、桃・・・など


★心臓病、高血圧など治療中の方、高齢の方は医師に相談してください。



片瀬鍼灸院

◆住所
神奈川県藤沢市片瀬1-6-36
◆アクセス
江ノ電 柳小路駅 徒歩7分
◆営業時間
平日
10:00~21:00
土・日・祝日
10:00~18:00
定休日
不定休
片瀬鍼灸院のアクセスマップ
完全予約制 0466-21-9881 メールでのお問合せ

※施術中は電話に出られないことがあります。その際は留守番電話に予約希望の旨とお名前・電話番号を残して下さい。こちらから折り返し連絡致します。