このページの位置情報

湘南ビーチFMマガジン 43号   <秋には"豊隆"がおすすめ>

9月22日は秋分の日です。昼間と夜の長さがほぼ同じになり、本来はこの日を境に徐々に涼しくなる季節です。ところが近年では、秋分を過ぎても蒸し暑い日もあれば、急に気温が下がる日もあると言った、急激な変化があります。人の体は、急激な気候の変化に影響を受けやすく、自律神経のバランスを崩し、不調が続くこともあります

秋分の日

秋分の日は、「祖先を敬い、亡くなった人々をしのぶ日」として国民の祝日に制定されています。9月22日秋分の日と、その前後3日間は「お彼岸」です。この期間は私たちが暮らす「此岸(しがん):東にある」とご先祖が暮らす「彼岸:西にある」が最も通じやすくなると考えられ、お墓参りにいく習慣ができたようです。

また太陽が真東から真西に沈むため、昼と夜の長さがほぼ同じになります。東洋医学でいえば「陰陽」が釣り合う頃です。

秋分.png

かつては「暑さ寒さも彼岸まで・・・」と言われるように、秋分を境に徐々に涼しくなって本格的な秋を迎えるのが常でした。

しかし近年では、気温が高い日があったり急に下がったりするために、私たちの体は気温の変化についていけず、自律神経のバランスがくずれて体調不良になることもあります。

免疫力アップで冬に備える

この時期は特に、自律神経の乱れから次のような不調が現れやすくなります。

☑食欲不振

☑睡眠をとっても疲れがとれない

☑だるい

図1.jpg

また今年も暑さが厳しく、冷たい飲食の摂り過ぎで胃腸も弱っているため、次の様な不調も現れやすくなります。


☑食欲不振


☑胃もたれ


☑消化不良


☑おなかが張る

胃腸は、食べ物の栄養を消化吸収し、全身に巡らせる働きがあります。従って、働きが弱まると、免疫力を下げる原因にもなります。胃腸の働きを元に戻し、免疫力アップで冬に備えましょう。

旬の食材でパワーアップ

夏の暑さで失われた水分やミネラルを補うには、旬の根菜、キノコ、イモ類や果物、冬に備えて粘膜を守るには、長いも、納豆など、ネバネバした食品がお勧めです。

東洋医学では、野菜や果物は皮ごと食べるのが良いと考えます。良く洗って皮ごと調理して、野菜や果物のパワーを頂きましょう。

また、冬を乗り越えるための栄養を蓄えた旬の魚は、体力アップにお勧めの食材です


胃腸の疲れには豊隆がお勧め


胃腸の疲れを取り、体力を回復するには、豊隆(ほうりゅう)というツボがお勧めです。合谷と合わせても良いです。


また、体力が弱い人は、太渓と合わせて行うと良いです。1日1回のお灸で、夏バテを解消して、寒い冬を乗り切る体力をつけておきましょう。


豊隆位置.jpg
※合谷、太渓は季節の過ごし方、「春には合谷がおすすめ」と「冬には太渓がおすすめ」のページで確認できます。


また、足三里というツボには、疲労回復の作用があるので、陰陵泉と合わせてお灸を行うのがお勧めです。


1日回お灸で変化の激しい季節を乗り切りましょう。



片瀬鍼灸院

◆住所
神奈川県藤沢市片瀬1-6-36
◆アクセス
江ノ電 柳小路駅 徒歩7分
◆営業時間
平日
10:00~21:00
土・日・祝日
10:00~18:00
定休日
不定休
片瀬鍼灸院のアクセスマップ
完全予約制 0466-21-9881 メールでのお問合せ

※施術中は電話に出られないことがあります。その際は留守番電話に予約希望の旨とお名前・電話番号を残して下さい。こちらから折り返し連絡致します。