このページの位置情報

季節の過ごし方<春は"太衝"がおすすめ>

二十四節季では、3月日は啓蟄(けいちつ)です。冬籠りしていた虫が温かくなってきたことを感じとり、地上に現れるという意味です。虫に限らず、他の生き物や花の目が出る頃でもあります。春の訪れを感じる季節ですが、3月20日の春分までは寒暖の差がある日が続きそうですね。こんな時は体調を崩しやすいので気を付けましょう。

ツボの刺激で養生

東洋医学では、「気血水(きけつすい)」の流れが悪いと心身の不調が現れると考えます。「気」は体を動かす原動力、「血」は血液の様に体に栄養を運ぶもの、「水」は血液以外の水分を表し、「気血水」の流れが良いと、健康な状態であるといえます。

気血水.gif

「気血水」が流れる道を経絡(けいらく)といい、経絡上にある点を経穴(けいけつ)といいます。ツボとはこの経穴の事で、心身の状態が現れる場所です。

つぼ経絡.png

ツボの位置は、約400あります。鍼や灸で刺激する方法の他に、自分の指で押さえる方法もあります。

ツボの位置を探すのが難しいと考えがちですが、窪んでいる所、軽く押して気持ちが良い所もツボの一つです。

お灸が使えない時や、お灸に抵抗がある人でも、自分の指でできるツボ押しなら、簡単にできる養生の方法ではないでしょうか。

春のセルフケア:キーワードは目の養生

東洋医学の五行思想では、春は「木(もく)」の性質を持つと考えます。木(もく)の性質とは、まさしく木のように上に伸びていく性質です。したがって、気が上に上がりやすい季節です。

五行.jpg

人の体では上と言えば頭や顔ですね。なので、春は気が上に上がりすぎて、頭痛や目の症状、鼻の症状、イライラしやすいなどの症状が起きやすいと考えられます。


また、3月は花粉の飛散量のピークと言われていますが、さらに紫外線の量が増える季節でもあり、「目」に関する症状が現れやすい季節です。普段から、眼精疲労やドライアイ、目のかすみがある方は、特に注意が必要です。


ドライアイ対策には、スマホなど使用中に、意識してまばたきを増やすこと、眼精疲労対策には、使用後に目を閉じて、温かいタオルで温めることが、症状の緩和に役立ちます。



目の疲れには"太衝"がおすすめ


太衝(たいしょう)というツボは、目からは遠い、足の甲にあるツボです。親指と人差し指の骨を足首の方向にたどると、骨がV形に交わるところがあります。太衝は、そのV字形の谷間にあるツボです。
もちろんお灸にも適しています。


太衝位置.png

また、太衝は次の様な症状のある方にも適したツボです

☑頭痛

☑イライラしやすい

☑肩こり

☑慢性腰痛

☑生理痛

ツボ押し養生のポイント

★強く押しすぎない

★指の「はら」で押さえる

★1か所を5秒くらい押す。それを2~3回繰り返す

★飲食飲酒前後、入浴前後は避けて、ゆっくりと時間が取れる時がお勧めです

一日一回のツボ押しで、目の養生をしましょう



片瀬鍼灸院

◆住所
神奈川県藤沢市片瀬1-6-36
◆アクセス
江ノ電 柳小路駅 徒歩7分
◆営業時間
平日
10:00~21:00
土・日・祝日
10:00~18:00
定休日
不定休
片瀬鍼灸院のアクセスマップ
完全予約制 0466-21-9881 メールでのお問合せ

※施術中は電話に出られないことがあります。その際は留守番電話に予約希望の旨とお名前・電話番号を残して下さい。こちらから折り返し連絡致します。