このページの位置情報

湘南ビーチFMマガジン 54号 <夏には"崑崙"がおすすめ>

梅雨入りして湿度が高くなってきましたが、気温が高い日もありエアコンを使用している方も増えてきました。こんな時は、エアコンの冷たい空気で下半身が冷えやすくなります。

夏はギックリ腰に注意

腰痛には、痛みが長く続く「慢性腰痛」と、ギックリ腰に代表される「急性腰痛」があります。

当鍼灸院では、慢性腰痛は1年を通して患者さんがいらっしゃいますが、急性腰痛は夏に多い傾向があります。急性腰痛が夏に多いのは、冷房で下半身が冷えてしまうことが、原因の一つと考えられます。

寒いオフィース.png


暑い時は、素足で過ごす方も多いと思いますが、素足のまま室内で過すと、足首やふくらはぎが冷房の冷たい空気で冷えて、急性腰痛の引き金になります。


急性腰痛の多くは、筋肉の痛みが原因なので数週間で回復します。しかし、骨折をともなうこともあるので、素人判断せずに医師の診断を受けるようにしましょう。特に高齢者は注意が必要です。

次のような急性腰痛は注意が必要です

☑吐き気がある

☑気分の不快感が強い

☑じっとしていても痛い

☑ぶつけたり、強い衝撃を受けた

☑痛みがどんどん強くなる


急性腰痛の一つ、ギックリ腰の対処方法は、以前は1週間くらいの安静でした。しかし、最近の研究では、強い痛みが無くなったら、徐々に普段の生活に戻す方が、治りが早いと言われています。


ギックリ腰を防ぐには


ギックリ腰は、「魔女の一撃」と言われるように、痛みが強いので、予防することが最善策です。


ぎっくり腰の原因の一つに下半身の冷えがあげられます。下半身の中でも、特にふくらはぎを冷やすとぎっくり腰が起こりやすくなります。

したがって、ふくらはぎを温かくしておくことが大切です。

また普段から次のようなことを気を付けましょう

☑膝下までの長い靴下で、ふくらはぎを保温

☑夏でも湯船に入って、下半身を温める

☑筋肉に必要なミネラルや、水分補給


ぎっくり腰には崑崙(こんろん)がオススメ

崑崙(こんろん)というツボは、外くるぶしとアキレス腱の間にあります。冷えが原因の腰痛やギックリ腰では、お灸がお勧めです。マガジン48号の承山(しょうざん)と合わせて刺激してもよいです。


崑崙 差し替え.JPG

また、慢性の腰痛は、マガジン40号で紹介した太渓(たいけい)がお勧めです。


お灸は冬というイメージですが、意外と冷えやすい夏に向いたケアの方法です。


片瀬鍼灸院

◆住所
神奈川県藤沢市片瀬1-6-36
◆アクセス
江ノ電 柳小路駅 徒歩7分
◆営業時間
平日
10:00~21:00
土・日・祝日
10:00~18:00
定休日
不定休
片瀬鍼灸院のアクセスマップ
完全予約制 0466-21-9881 メールでのお問合せ

※施術中は電話に出られないことがあります。その際は留守番電話に予約希望の旨とお名前・電話番号を残して下さい。こちらから折り返し連絡致します。